お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

木村進

f:id:kaseken:20190603214033j:plain

僕が人生で初めて生で見た芸能人の木村進さんが亡くなられた。木村進さんは僕が小さい頃、間寛平さんと張る吉本新喜劇のスターで、そこそこ2枚目で、僕の中の木村進さんは、いつもジュリーとイメージが被っていた。

僕が小学校二年生の時、近所の商店街にその木村進さんがくるというニュースが広まった。僕と友達は土曜日、家で昼飯をかきこみ、大急ぎで商店街に集まった。何せ、あの木村進が来るんだから。本人を見るまでは、半信半疑だった僕らの前に、選挙の応援でデコレーションされた車に乗った木村さんが現れた。その選挙カーは、ペットショプと呼ぶにはあまりにも地味で、ザリガニとかヤドカリなんかを売っていた「角野」という店のあたりに留まっていた。一緒に乗っていた政治家が短い演説のようなものをすると、いつもは車が走ることのない狭く、アーケードのせいで薄暗い商店街の中を車はゆっくり走り出した。店主がPTA会長をして、毎日夕方にドーベルマンの散歩をさせていた村上メガネの前を通り、「水虫」のポスターがおどろおどろしい薬局を突っ切り、ケンタッキーフライドチキンに似せたフライドチキンの店を右に曲がると、2のつく日には夜店の出るちんちん電車の線路沿いに走り、いつもお年玉を貯金していた銀行の横に出たところで車はスピードを上げた。「木村進木村進!」僕らは必死に叫びながら車を追いかけた。小学生に呼び捨てにされても、木村進さんは笑いながら手を振ってくれてた。僕はテレビに出てる人と繋がっている感じが嬉しくて、いつまでも叫んで追いかけた。

今、あの選挙カーが走った商店街の店はほとんど営業してないけど、相変わらずアーケードのせいで薄暗い。

イチョウエン

f:id:kaseken:20190602093104j:plain


イチョウエンと何回も口に出していると、何やらイチョウ園から雅叙園叙々苑失楽園と何やら雅な響きを含んでくる。しかし、実際の胃腸炎はゲロゲロと吐く声とビチビチうんこにうなされる息子たちの園(上の2人とも胃腸炎になる)。黄色い胃液まで吐いて可愛そうなので早く良くなってほしい。

エスパー

f:id:kaseken:20190526225203j:plain


小学校の頃、よく見ていたテレビアニメの「エスパー魔美」で、僕がすごく印象に残っている話がある。それは、魔美(主人公の女の子)がすごくトイレに行きたくなって、自分の尿を高畑さん(ボーイフレンド)の膀胱にテレポート(瞬間移動)させ、テレポートされた高畑さんが大急ぎでトイレに行くという話。

今朝早く、ベットの中で尿意を催したが、まだもう少し寝てたかった僕は、この話を思い出した。僕は布団をかぶったまま、嫁さんの膀胱をイメージし、眉間のあたりに念を込め、右手を自分の膀胱に添えた。みんながまだ寝ている寝室に「テレポーート」と言った僕の声が響いた。

写真家宣言

f:id:kaseken:20190524225633j:plain


名刺に

カメラマン 加瀬健太郎

と今まで書いてたけど、

名刺が無くなったので、

写真家 加瀬健太郎

と書いた名刺を作った。

一番はじめに作ったのは、

Photographer Kentaro Kase

という名刺だった。

「何が違うの?」といわれると、

やっぱり違うように思うけど、

違わんといえば全然違わんし、

僕が何と名乗ったところで、誰も興味はない。