お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

海水

f:id:kaseken:20200206121525j:image

今、家の近くの喫茶店にいる。

いつも空いているのに、今日は何でか客で一杯。

僕はモーニング600円を食べながら、店に置いてある雑誌を読んでる。鞄の中には読まなくてはいけない本が3冊、じっと僕が取り出すのを待っている。

 

実は、ある新聞社から本について書く、書評までいかないエッセイの様な仕事が来た。

嬉しくて引き受けてみたものの、

今朝、改めて「新聞」に怖気付いた僕は嫁さんに、

「いやー、新聞って俺が書いてええんかー?」

て聞いたら、

「あんたにちゃんとした物頼む訳ないやん?いつも通りアホな事書いとけば」

と言われた。

流石は奥様よく分かってらっしゃる。

 

でも、もし貴方がもう少し優しく言ってくれたならば、僕は海の水を一滴残らず飲み干すことだって出来ただろうに。

 

ぺっぽ

f:id:kaseken:20200203000751j:image

嫁さん 三男 次男 僕 長男

の順に寝てる。

子どもに買った二段ベットは、

物置になっている。

狭い。

 

次男、さっき寝ながら笑う。

目が開いてる、けど寝てる。

眼球がピクピク動いている。

ほっぺたが赤くてかわいい。

 

右側、長男。

目は閉じてる。

睫毛長い。

僕の枕に頭を乗せてくる。

ほっぺたが赤くてかわいい。

 

三男、嫁さんにくっついて寝てる。

ここからよく見えない。

「ほっぺた」の事を「ぺっぽ」という。

 

トイレから戻る、

僕の場所がない。

体を捻り込む、寝る。

 

ヒデくん

f:id:kaseken:20200202000921j:image

ヒデくんから連絡があって今日会ってきた。

もう何年経ったろうか。

僕の家に居候してたヒデくん。

「家賃ぐらいは払わしてください」

って真面目な顔で言って、半年で3千円しか払わなかった爽やかでイケメンのヒデくん。

「調理師免許持ってますから」って言って、

作ってくれる料理があんまり美味しくなかったヒデくん。

(詳しくは「お父さん、だいじょうぶ?日記」参照)

 

あのヒデくんが転職したらしく、研修で東京にやって来た。

「前の職場はモラルが低下して辞めたんですわ」

だそうで、

「今度はコンサルですわ」とか

「ニッチな業種ですわ」とか

僕の分からない言葉を覚えて帰って来た。

 この間、家族でオーストラリアに行ったらしく、

「カンガルーってやばくないですか?」って、

嬉しそうに写真を見せてくれて、

「おう、やばいな」って僕も言ったけど、

何がやばいのか分からなかった。

元気そうで何よりです。

 

 

 

言葉にならない

 

f:id:kaseken:20200130232938j:plain


「◎△$♪×¥●&%#?!」

夜、子どもと寝る準備をしていると、隣の部屋から聞こえてきた。

「◎△●&%#?!」

嫁さんが何か言ってるのは分かるけど、

何て言ってるか分からない。

放っておく。

「いい加減誰か来たらっ」

嫁さんが怒ってるみたいなので、子どもらに様子見に行ってもらう。

「ハサミハサミ」

子どもが湿布を持ってきて半分に切り、急いで隣の部屋に戻って行った。

静かになった。とにかく落ち着いた様子。

少しして扉が開く。

「寒う〜寒う〜っ」

びっこひいた嫁さんが、パンツいっちょでやってきた。中々ワイルドで刺激的な登場。

裸で何してたのか聞いたら、

スリッパ履こうとしたら、上手いこといかず、ぐねったらしい。(よくわからん)

「骨折してると思う」

って嫁さんは言ったけど、

してないと思う。

 

タケちゃんの恋

f:id:kaseken:20200130211430j:plain


昨日は急遽「タケ会」が開かれた。

タケちゃんは会ってすぐさま、

「タケ会」を改め「まっすぐの会」

にしようと言い出した。

「メンバーの3人がまっすぐ生きているから」

という事らしいが、これ以上まっすぐなネーミングは無いと思う。

 

タケちゃんは今、恋をしている。

50才間近でも恋は恋。

意中の人に送ったLINEが既読にならないと悶絶しているオッサンの姿には、爽やかさのかけらもないけど、タケちゃんは恋をしている。素敵で無敵。

「恋の駆け引きとかしたく無いから、絵文字は使わんようにしてるんやわ」

と、よくわからないことを言ってる。

うまいこといってほしい。