お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

サラダ記念日

f:id:kaseken:20200519133756j:plain

冷蔵庫に、もうゼリーは無かった。

嫁さんが、僕の分まで食べていた。

それは、ぼんぼんの友人Nが、家族分の5個送ってくれたお洒落なゼリー。多分、洒落た味がしたと思う。

 

「何で聞かんと勝手に食べんの?」

と嫁さんに聞くと、

「置いてるから、いらんと思ってんやん。ちっさい男やな。いつも私の分もあげてるやん」

と開き直る。

「じゃ、いつも募金してる人は、勝手に募金箱からお金とってええんか?」

と言うと、

「ちっちゃー、何でそんなにしつこいの?」

と嫁さん。

しょうがないので、拗ねて昼ごはんを食べてると嫁さんが、

「サラダいる?あげてもいいけど、もうゼリーの事は言わんとってよ」

と言った。

 

 

 

 

 

 

 

モロモーロモ

f:id:kaseken:20200518173332j:plain

子どもを車に乗せて走っていると、

「モロモーロモ、モロモーロモ…」

次男が訳のわからない言葉を、

変なリズムに乗せて歌い出した。

「モロモーロモ、モロモーロモ…」

なぜか長男も被せてくる。

「モロモーロモ、モロモーロモ…」

二人テンション上がってくる。

ちょっとかっこいい風に歌ってる。

大声。

窓開いてる。

 

「今度はさ、マレマーレマでいこう」

と次男が提案する。

「OK」と長男。

こんな時だけチームワークがいい。

「マレマーレマ、マレマーレマ…」

ノリノリ。

またテンション上がってきてる。

変な節ついてる。

最高潮。

大声。

 

「次、マルマールマね」

もう当たり前のように言ってる。

「マルマールマ、マルマールマ…」

最初からテンション上がってる。

最初から変な節。

最初から大声。

終わる気配ない。

 

 

中学生日記

f:id:kaseken:20200518204544j:plain

公園に子供を連れていった。

三男が寝だしたので、

ベンチに座って少し遠くから、

長男と次男が遊んでいるのを見ていた。

そこに中学生ぐらいの4人組が自転車でやってきて、

テニスボールでキャッチボールを始めた。

内訳は、男3人に女の子が1人。

男3人はみんな細くて、

あんまり球技に向いてなさそうなのは、

ボールの投げ方でわかった。

女の子は、中肉中背でメガネをかけていて、

大きめのキュロットにポニーテール。

この子がこの中の誰かと恋愛関係にあるような雰囲気はない。

(実のところは分からない)

そんな4人が、本当に楽しそうにキャッチボールをしている。

微笑ましい。

でも、よく見てみると、1人の男の子のパーカーは、夜空に紫の稲妻が走っているデザイン。しかも、キャップ全体に大麻草柄。

本人のキャラと服装にギャップがある。

もちろん、キャラと服装を合わせる必要はないし、

ヘビメタ好きの義理の兄も激しい性格ではない。

 

 ついつい熱中して4人を見ていたので、

うちの子はどうしてるかなと目で探したら、

2人もこのキャッチボールに見入っていた。

 

 

 

ファッショニスタヒロシ

f:id:kaseken:20200517214624j:plain

実家に帰る度、ちょっと前までブティックをやっていた父に、

「お前、もうちょっとぐらいええ服きんとカメラマンとしてあかんで」

と言われる。

それでいつも、持ってけと言って、シャツやジャケットをくれる。

悪いなと思うけど、どう着こなせばいいか分からないので、着ずに置いてある。

それをコロナの間に、ヤフオクで売った。

まあまあ言い値で売れた。

 

ジョージ・ルーカス 

f:id:kaseken:20200516214745j:plain

今日は朝から雨。

子どもがアマゾンプライムで映画「スターウォーズ」を見てる間、

僕は寝室で、「ぐうたらとけちとぷー」の宣伝動画を作っていた。

三脚にセットしたカメラの録画ボタンを押し、

急いで立ち位置に戻る。

そして、昨日考えて結構面白いと思っていた掴みのセリフを言う。

「こんにちは、はらぺこあおむしのエリックカールです。」

恥ずかしいし、全然面白くない。

撮影している横のベットで嫁さんが寝てる。

 

 

 

お布団

f:id:kaseken:20200515091728j:plain

1日中、家で動画を作っていた。

天気がいいのに勿体なかった。

夜遅くに終わって、

まだ頭が冴えているのでビールを飲む。

布団に入って本を読んでると、

三男が寝言で、

「僕のおとぅほぉんは?」

と言った。

三男は、お布団のことを「おとぅほぉん」と言う。

 

 

ブクブク

f:id:kaseken:20200514224605j:plain

近頃の長男と次男は、朝起きるとシャベルを持って出て行って、隣に住んでいた寿司屋のケンさんが、いつも魚のあらを埋めて腐葉土を作っていたところからミミズを取ってくる。それと弁当を持って、近くの川に釣りに行ってる。楽しそう。今日、水槽の石に隠れている何匹かのハゼのために、アマゾンでブクブクの発注を頼まれる。