お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

Oちゃん、ごめんな

f:id:kaseken:20200616101941j:plain

子どもの学校が始まった。

でも、朝やっと行ったなと思っても、

なんかすぐ帰ってくる。

 

昨日の学校がえりに、息子たちと一緒に近所のOちゃんも家に来た。

息子らは、プールがあるのにOちゃんと遊ぶ約束をしたらしく、遊べないと分かったOちゃんは、ランドセルを背負ったまま玄関に寝転んで、

「何だよ、遊ぶ約束してたじゃんよー」

とひっくり返った亀のように足をバタバタさせていた。

僕は気の毒になって、

「Oちゃんごめんな、おっちゃんがゲームしに行こか」

と言ったら、

「すげえヘタそうじゃん、すげえヘタそうじゃん」

と少し困った風に笑った。

あとで、長男がOちゃん家に遊びにいった。

 

 

鶴太郎

f:id:kaseken:20200616005024j:plain

僕は小さい頃、姉にこしょばされて、よくオシッコを漏らした。

「もうあかん」

と僕が言うと、姉は余計にこしょばしてきた。

 

僕は今までで一度だけ、こしょばされずに笑ってオシッコを漏らしたことがある。

それは僕が小学生の頃、テレビで「ひょうきん族」を見ていて。

あの時、僕を失禁させるほど笑かしたのは、

たけしでもさんまでもなく鶴太郎。

鶴太郎が何をやったか、言ったか全然覚えてないけど、笑いすぎて漏らしたことだけは覚えている。

 

 

 

タイトル

f:id:kaseken:20200616013233j:plain

今度始まる連載のタイトルを考えている。

中々、むずかしい。

 

下手に長くなく、かつ内容を表していて、キャッチーで、親しみやすい。奇は衒わず、でも少し面白みがあって、それでいて嫌味はない。しかし、一度聞いたら忘れられないような、そういうものに私はなりたい。

 

おとなの週末

f:id:kaseken:20200616014543j:plain

週末、嫁さんと子どもが実家に行っていた。

 

家族出発 

テレビ ビール ビックコミックオリジナル ビール 映画 カップラーメン 焼酎 テレビ 読書 寝る テレビ 朝ごはん テレビ 散歩 半ちゃんセット ビール テレビ 映画 

家族帰宅

 

終了。

 

 

 

 

ちゃぷん

f:id:kaseken:20200612234411j:plain

「ねえ、パパ、僕も大きくなったら、パパみたいなちんこになるのかな?」

お風呂で次男が聞いてきた。

「こら、ちんこじゃなくてちんぽでしょ?」

と僕。

「?、なるかな」

「そら、なるやろな」

と言うと、

僕のちんこを凝視していた三男が、

「きもっ」

と言った。