お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

OO様

f:id:kaseken:20200902101308j:plain

OO様

 
こんばんは。
9月に入って急に涼しくなってきましたね。
ところで、今日はエッセイの締め切り日です。
前回メールをいただいた時は、
本当に好調に書き出したのですが、
最後のところで躓きまして、
そこから迷走し出しまして、
今はもう、自分がどこにいるか分からなくなってしまいました。
そこで、今日のところは早く寝てリセットし、
明日起きて書いた方がいいのではと思いまして、
大変申し訳ないのですが、
一日締め切りを延ばしてもらえないかと思いメール致しました。
何卒よろしくお願い致します。
 
加瀬健太郎

 

気分転換

f:id:kaseken:20200901201430j:plain

今日がエッセイの締切り日。

1800文字というのは僕にとって初めての長さで、1600文字からどうやれば終わるのか先が見えない。

 

朝、書けないなと思って、気分転換に三男と牛乳を買いに行く。

昼過ぎ、書いてたら、三男にいきなり後頭部を帽子で叩かれて怒ったら泣いた。

悪いことをした。

夕方、やっぱり書けないなと思って、気分転換に三男と近くの池の鯉に餌をやりに行く。

夜、それでも書けないなと思って、気分転換に部屋の掃除をした。

夜の10時半。

「おれ、もう書かれへん」

て嫁さんに言ったら、

「締め切り延ばしてもらえるように早くメールしたら」って教えてくれた。

 

 

1/3

f:id:kaseken:20200901195908j:plain

「なんか家事全部やってるつもりかもしれないけど、やってるの5分の1やで」

と嫁さんに言われる。

「その5分の4に掃除は入ってんの?」

と言い返すと、

「失礼やな、たまにしてるよ。掃除機あげよか?私、掃除機嫌いなの」

と言ってくる。

「じゃあ、掃除機もらうわ」

と言うと、急に嬉しそうに、

「本当に。すごい助かる。それやったら3分の1やわ。ありがとう」

と感謝される。

 

 

働く男

f:id:kaseken:20200831181656j:plain

先週は5日間毎日撮影だった。

それにエッセイが一本。

コロナの後では初めての事で、

珍しく忙しい。

働いていると満足するのか、

ブログを書かなくなる傾向がある。

よくないけど仕事がない方が書きたくなる。

 

 

 

スシロー

スシローに行く。

子どもが、上トロなんかの値段の高い寿司の乗った黒色の皿を取る度に僕の方をちらっと見る。

僕がけちなのが、家族にもしっかり浸透している。

今日は1万円いかなくてよかった。

 

本格派

f:id:kaseken:20200826100750j:plain

今日は新宿で撮影があった。

撮影が終わるとちょうどお昼時。

周りを見渡すと本格派らしい店構えの中華屋があった。

ランチのメニューを見てみると、

そんな高くない。

ここの名物は、

オイスターソース味の具材の入ってないシンプルな焼きそばらしい。

「とりあえずそれは食べよか。」

と思い、セットでお粥がついてるのと、

チャーハンがついてるのがあって、

「お粥の方が本格っぽいか。」

とお粥のセットの方にした。

 

炭水化物でお腹はいっぱいになったけど、

全然満足しなかった。

 

 

 

夏の御堂筋線

f:id:kaseken:20200823220114j:plain

26歳の夏。

あの夏も今年みたいに、驚くほど雨が降らない夏だった。

その時の僕は、イギリス留学を思い立ち、費用を稼ぐ為に東京のアパートを引き払い、地元大阪でテキ屋をしていた。

 

初日、御堂筋の道端に一人、

作ってきたTシャツを道に広げた風呂敷に並べ終わった時には既に、なんでこんなこと始めてもうたんやろうかと、深く後悔していた。

売り出してから、何時間も誰も見向きもしなかった。する事がないので、自分の人生はどこで狂いはじめたのかと回想してたら、目の前に、自転車に乗ったおっちゃんが止まった。

どう見てもTシャツを買いそうにない。

「なんや、にいちゃんTシャツ売ってんの?」

と言って、明らかに似合いそうにないデザインのTシャツを、自転車から降りずに手を伸ばして一枚掴むと、

「買うたるわ」

と驚く僕にお金を渡し、

「がんばりや」と言って、

大阪の夏の熱風の中、おっちゃんは颯爽と難波方面に走り去った。

 

今思えば、あれがそれからバカほど売れる事になる最初の1枚目だった。

僕はそれから、毎日のように警察に補導されたり、ケイゾー君と言う人が現れて手伝ってくれたり、本物のテキ屋の人に脅されてショバ代を払ったり、女の子二人組が昼間は売ってくれるようになったり、調子乗ってテキ屋を三店舗に増やしたり、東京から友人高木さんが新しいデザインを送ってくれたり、朝、儲かったお金を布団になれべて寝るのが、唯一の楽しみだったりして、気がつくと夏の間だけで、目標金額の倍以上稼いで、その後すぐにイギリスに行くことになる。

 

と、今日家でこの話になったら

「その行動力は無くなったの?」

と嫁さんに言われた。

もう無いと思う。

 

そのあと、難波方面に走って行った自転車のおっちゃんは、また僕のところにやってきて、

「これ食べや」

吉野家の牛丼をくれた。

おっちゃんは、梅田方面に走っていった。