お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

遺伝

f:id:kaseken:20190421100441j:plain

街を散歩してスナップ写真を撮るという仕事が来た。

「いつも頼まれもしないでやっていることがお金になるなんて素敵」と思ってうれしかった。ロケの当日、担当のUさんと散歩しながら写真を撮った。Uさんもうちと同じぐらいの子どもがいて、自然と子どもの話なんかして歩いていた。Uさんの子は、車が大好きらしい。「じゃあ、Uさんも車好きでしょう?僕は興味ないから、うちの子は車にいきませんわ」と僕が言うと、「いや、僕も車には全然興味ないんですけど」と言うから、まあそんな事もあるだろうと思って写真を撮っていた。

昼過ぎに写真を撮り終えて、駅前でお疲れさまということになった。Uさんが「僕は車で来てますんで」というのでそこで別れた。別れた後、僕は気になって駐車場に向かうUさんを目で追うと、うすい水色がなんともいい感じのトヨタランドクルーザーの前で止まった。「結構興味ある方ちゃう?」と言った自分の声が、周りの人にも聞こえるぐらい大きすぎて、自分でも驚いた。