お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

木村進

f:id:kaseken:20190603214033j:plain

僕が人生で初めて生で見た芸能人の木村進さんが亡くなられた。木村進さんは僕が小さい頃、間寛平さんと張る吉本新喜劇のスターで、そこそこ2枚目で、僕の中の木村進さんは、いつもジュリーとイメージが被っていた。

僕が小学校二年生の時、近所の商店街にその木村進さんがくるというニュースが広まった。僕と友達は土曜日、家で昼飯をかきこみ、大急ぎで商店街に集まった。何せ、あの木村進が来るんだから。本人を見るまでは、半信半疑だった僕らの前に、選挙の応援でデコレーションされた車に乗った木村さんが現れた。その選挙カーは、ペットショプと呼ぶにはあまりにも地味で、ザリガニとかヤドカリなんかを売っていた「角野」という店のあたりに留まっていた。一緒に乗っていた政治家が短い演説のようなものをすると、いつもは車が走ることのない狭く、アーケードのせいで薄暗い商店街の中を車はゆっくり走り出した。店主がPTA会長をして、毎日夕方にドーベルマンの散歩をさせていた村上メガネの前を通り、「水虫」のポスターがおどろおどろしい薬局を突っ切り、ケンタッキーフライドチキンに似せたフライドチキンの店を右に曲がると、2のつく日には夜店の出るちんちん電車の線路沿いに走り、いつもお年玉を貯金していた銀行の横に出たところで車はスピードを上げた。「木村進木村進!」僕らは必死に叫びながら車を追いかけた。小学生に呼び捨てにされても、木村進さんは笑いながら手を振ってくれてた。僕はテレビに出てる人と繋がっている感じが嬉しくて、いつまでも叫んで追いかけた。

今、あの選挙カーが走った商店街の店はほとんど営業してないけど、相変わらずアーケードのせいで薄暗い。