お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

第二回タケ会

f:id:kaseken:20190708091149j:plain


先週「タケ会」があった。

それはタケちゃんと呑みたい人が集まる会。

 でも来るのは、僕と友達の一哲くん。

フライものを出す立ち飲み屋で飲み出した。

店全体にフライの油がこびりついたような味のある店だった。

タケちゃんは、そこのアジフライがえらく気に入ったらしく、

「アジフライ3本」と僕らは頼んでもないのに、

「ひとり一本な、ほんまうまいから食べてみて」と僕らの分まで勝手に注文していた。

「このアジフライな、5本頼んでな、ご飯の上に乗せたら丼ぶりになるで」と、タケちゃんは、あたかもすごい発見のように、当たり前のことを言った。

気づいたらタケちゃん、抑えきれない気持ちを店主に説きだしていた。

「このアジは、しゃれたフレンチなんかよりずっと上手いですわ」

僕は、表現が昭和やなとおもったが、意外と店主は乗ってきて、

「私は日本料理出身ですから、フレンチのことはさっぱり」

と満更でもなさそう。

褒められて嬉しくない人間はいない、二人はしぜんに意気投合。

そこで、タケちゃん

「このアジフライ5本ぐらいご飯の上に載せたいですわ、丼ぶりになりますよ」

と言った。

僕は、そりゃそうやろと思った。