お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

大丈夫ですか?

f:id:kaseken:20190731111809j:plain


毎年この季節になると、A塚さんから電話がかかってくる。

A塚さんは、自分1人で出版社をされていて、面白い本を出されている。

その傍ら、編集、ライターの仕事もしていて、

一年に一度この時期に映画関係の仕事に呼んでくれる。

 

A塚さんはいつも電話で、

「加瀬さん、芸能人の撮影は大丈夫ですか?」

と聞いてくる。

この大丈夫ですか?と言うのは、

Can you ~? と言う意味です。

それで僕は、

「大丈夫ですよ。(Yes I can.)」

と答える。

 

前年に芸能人の撮影をしても、やっぱり次の年も「芸能人は大丈夫ですか?」と聞いてくる。

今となっては、A塚さんがこう聞いてくるのを楽しみにしている。

 

でも前に一度だけ、

大丈夫ですか?が、Do you mind? の時があった。

「パッキャオの撮影なんですが、撮れるかもしれませんが、撮れないかもしれないんですけど大丈夫ですか?」と聞いてきた。

僕は「大丈夫ですよ。(No I don't)」と答えた。

どういう仕事だったかと言うと、

代々木公園であるフィリピンフェスティバルに、フィリピンの英雄パッキャオがくる。アポも何もないがサイン会があるらしく、その列に並んで写真も撮ってしまうというワイルドな計画だった。

当日、A塚さんと僕は、長い間列に並んで待っていたが、

僕らの番のだいぶ前に、パッキャオは疲れたのか、忙しいのか、なんのアナウンスもなく、さっさと裏口から帰ってしまった。

いきなりの事で驚いたが、A塚さんは「さっきステージにいたときのパッキャオ撮れてるから、大丈夫ですよね?」と聞いてきた。

英語にすると、Is the photo ok~? でしょうか?

 

撮影の後、よくビールを一杯ご馳走になる。

「加瀬さんの日記に僕、貧乏キャラかなんかで出してもいいですよ」

とビールを飲みながら言ってくれるA塚さんだけど、

ビールの勘定を払うA塚さんの財布が、あまり見た事ないぐらいぼろっぼろなので「大丈夫ですか?(Are you ok?)」と思ってしまう。