お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

いとや2

f:id:kaseken:20190911203144j:plain

またひとつ、実家のブティックの僕の生まれるずっと前の話をします。


これまたある日の晩、いつものように店の二階で、家族と店員の人たちで寝ていると、店員の女の子が「泥棒やー!」と叫んだ。みんなが驚いている中、おばあちゃんは布団から飛び起きて、泥棒を商店街の端まで「ドロボー!」と大声で叫びながら、裸足で追いかけていった。

 

泥棒は店に盗みに入ったまではいいが、店員の女の子が寝ているのにムラムラときて、イタズラをしたら大声を出され、そのままおばあちゃんに追いかけられて逃げて行ったらしい。

 

生前、 おばあちゃんがこの話をする時はいつも、おじいちゃんが全く役に立たなかったという話に最後はなる。