お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

セコ飯隊長

f:id:kaseken:20191113172833j:plain



この前の日曜日、東京駅の近くにある耳鼻科に行った後、子ども二人を連れて上野公園に行った。ちょうど、科学館でミイラ展がやっていたので見る事にした。ミイラ展は思ってたより面白かった。科学館を出てきたら、まだ夕方の5時なのに外は真っ暗だった。なんか食べて帰ろうと子どもがうるさいので、何かないか見ていたら上野文化会館の中に「精養軒」のカジュアル版の店があって入る事にした。「ねえ、ここは高級レストラン?」と次男が聞いてきた。「高級ちゃうけど、安くはないで」と僕は説明した。長男はオムライスにハヤシライスがかかったようなのにした。僕はハンバーグステーキにした。次男が「これにする」って言ったのが、「3500円のステーキ」だった。おいおいと思った。これを食べたからと言って、一文無しになるわけではない。しかし、しかしである。僕は次男に「今日はママも来てへんし、ステーキは今度みんなで来た時にしようか?」と提案すると、「そうだね、高いからグーマ(義理の母のあだ名)がいる時にしようか」と次男が言った。プライドがささくれた。

「わかってるのか我が息子。お父さんはな、お前に毎日ご飯を食べさせ、お菓子も食わせ、プールも習わせ、今日もミイラ展に連れて行き、200円のガチャガチャまでやらせたんだぞ、この上、3500円のステーキなんか食ったらバチ当たるぞ!」という言葉をハンバーグステーキとライスと共に胃袋に流し込んだ。

 

この話を家に帰ってすると、

「セコ飯隊長だもんね」

と嫁さんが言った。

そんな隊長になった記憶はない。