お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

褒めるおじいさん

f:id:kaseken:20191124213449j:plain

アフリカの電器店

今日、近所のスーパーで次男の友達のK君にばったり会った。

ありきたりな挨拶していたら、知らないおじいさんが近づいてきて、

「恐竜のTシャツかっこいいね」

といきなりK君の着ていたTシャツを褒めた。

そのおじいさんは、満面の笑みを僕らに投げかけてくるが、どこか体が悪いらしく、体からはチューブが出ていた。

「お父さんが買ってくれたの?お父さん、センスいいね。」

おじいさんは僕の事をK君のお父さんと思って褒めた。

「ボク、恐竜好きなの?嬉しいね。いいお父さんでよかったね。」

とまた褒められた。

「僕とこの子は赤の他人で、このTシャツも僕が選んでも買ってもないです。」

と誤解を解いたところで、どうってことはない。

僕はテレた風にK君の坊主頭を撫でて、父親を演じてみた。

「よし、これからはこのおじいさんみたいに、周りの人の事を褒めていこう。」そう思った。

チラッとK君を見ると、にこりともしてなくてびっくりした。