お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

コイターン

f:id:kaseken:20191129085449j:image

先週スウェーデンにいった時の話。

撮影も終えた滞在最終日、夜に写真美術館に行く時間が出来た。でも美術館に入って直ぐに、時差ボケで立ってられないくらいの睡魔が襲って来たので、地下にあった荷物預かり所の横のベンチで軽く寝ることにした。

目を閉じて1、2分過ぎた頃、

「ブーッ」という音が聞こえた。

「これは屁だな」と思って、

重い瞼を開けてみると、

少し離れた所に女性が一人立っていた。

他に誰もいないところを見ると、

こいたのは、間違いなくこの女性だろう。

僕が驚きで、屁をこいた人から目を離さないでいると、こいた人が僕の目線に気づいたのか見返して来た。

「こいたのに見返してくるんや」

と驚いた。

僕がビックリして目を逸らせないでいる間も、

向こうは無表情でこっちを見返し続けている。

スウェーデンでは、結構大きい音でこいても見返してくる文化なんや」

と感心した。

その振る舞いが、あまりにも堂々としてるので、そのうちなんだか、僕のほうが屁をこいたような気になって、こっちから目を逸らした。