お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

主夫

f:id:kaseken:20200120134956j:plain

今日は主夫。

朝から嫁さんは実家のネジ屋に働きに行った。

嫁さんは、前の晩から朝ごはんを用意して、

朝もいつものようにダラダラ起きないで、

パッと目がさめるているご様子。

生き生きしている。

出会った頃のあなたのようだ。

いつの間にか、僕はあなたをカゴの中の鳥にしていたのだろうか?

羽ばたいていけ、横須賀線に乗って。

キレイだよ。

ぱたぱたぱた。

 

今日の僕は主夫。

まずは家で洗い物。

あれっ、おかしいや。全然洗い物する気にならないぞ。

てへっ。

気がついたらもうお昼だよ。

あれれ、お昼の洗い物もたまっちゃったよ。

でもおかしいや、これでも洗う気にならないぞ。

頭と体、ドッキングしてくれー。

幼稚園のお迎えだ、急げ急げ。

帰って来てもやっぱり洗う気になんないし。

はっはっは。

誰か、誰か言っておくんなまし、食器を洗えと。

監視しておくんなまし、洗うところを。

あれー、子ども達が帰って来たぞ。

ヒャッホー。

加瀬三等兵、とりあえず晩飯の支度にとりかかる所存であります。

おかしいな〜、全く作る気にならないや。

キャーー。

もう外が暗くなって来たのだ。

コツコツコツ。

あの音は、嫁さんのハイヒールの音。

やばい、もう帰って来た。

よく聞いてみると、タイトスカートの衣擦れ。

シャカシャカ。

オフィスレディーを気取ってやがる。

コツコツ。シャカシャカ。コツコツ。

もうダメだ。

僕は指でピストルを作り、自分のこめかみにそっと当てる。

バキューン。

ジ・エンド。

洗わずの食器が増殖していく。

かちゃかちゃかちゃ。