お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

ブラックジャック 手塚治虫

f:id:kaseken:20200122225245j:plain

大阪の実家の近くに貸し漫画屋があった。

漫画が何よりも好物だった姉と僕(二人とも小学校の時にマンガクラブ所属)は、夕方になると、よく二人でその貸し漫画屋に向かった。

当時、「手塚治虫」にはまっていた僕は、片っ端から「マンガの神様」の作品を読み漁っていたが、店頭にはマンガを並べるスペースに限りがあるので、手塚治虫のような古いマンガは、店主のおじいさんに言って奥から出して来てもらう。

ブラックジャックの23巻と24巻と25巻ありますか?」

と僕が言うと、おじいさんはいつも一瞬固まり、

何も言わずにジロリとこちらを見る。

その眼差しには

「手塚か?おまえわかっとんな」

という意味が含まれているのは、他の漫画を借りた時に、この儀式がないのでも分かっていた。

おじいさんは、店の奥から本を持って出てくると席に座り、

「ブラックジャーーック、手塚治虫

と結構でかい芝居掛かった声で誰に言うともなく言う。

どう反応していいのか分からず突っ立っている僕をよそに、おじいさんは店の帳面に僕の会員番号と日付を鉛筆で書き込む。

 

姉が漫画の借り賃を僕の分もまとめて払う段になると、おじいさんは、毎月難波のビヤホール「ライオン」で開かれる戦友会に中学生だった姉を「来たらみんな喜ぶねんけどな」といつも誘っていた。