お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

海水

f:id:kaseken:20200206121525j:image

今、家の近くの喫茶店にいる。

いつも空いているのに、今日は何でか客で一杯。

僕はモーニング600円を食べながら、店に置いてある雑誌を読んでる。鞄の中には読まなくてはいけない本が3冊、じっと僕が取り出すのを待っている。

 

実は、ある新聞社から本について書く、書評までいかないエッセイの様な仕事が来た。

嬉しくて引き受けてみたものの、

今朝、改めて「新聞」に怖気付いた僕は嫁さんに、

「いやー、新聞って俺が書いてええんかー?」

て聞いたら、

「あんたにちゃんとした物頼む訳ないやん?いつも通りアホな事書いとけば」

と言われた。

流石は奥様よく分かってらっしゃる。

 

でも、もし貴方がもう少し優しく言ってくれたならば、僕は海の水を一滴残らず飲み干すことだって出来ただろうに。