お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

東京五輪

f:id:kaseken:20200213002025j:plain


あまり知られていないが、今回の東京五輪に「カドリング」が、IOCの承認を経て、正式種目になった。

 

これはもともとは、幼年期から部屋の中を歩き続け、母に「あんた、熊か」と言われていた僕が、ずっとやっていた「家具の角からビームが出てる前提でそれを避けながら部屋を歩き続ける一人遊び」から派生したスポーツ。

 

幸運なことに、まだ競技人口が少ない事もあって、先日、東京の代々木体育館で行われた予選会の結果、僕が日本代表として今回のオリンピックに出場することになった。

今回のオリンピック、下馬評では、開催国の利がある僕、チェコのカドチッチ、ロシアのカドスキーの三つ巴になると予想されている。最近まで、日本のお家芸だと言われていた「カドリング」も世界の「KADORING」となって採点方法、競技スタイルなんかまで以前の「カドリング道」とは全く別のスポーツと言っていいくらいで、パイオニアの僕でもアドバンテージは無くなったと言っていい。

 

それに僕は、今まで考えもしなかった様なスランプを経験している。

ただ家の中で一人、純粋に楽しんでいた「カドリング」。

でもどうだろう、五輪代表になった僕は今、国民の期待、スポンサー契約、日本代表のブレザーの採寸または着こなし等々が重荷になってか、

「ビームって何の為に避けるんやったっけ?ていうかビーム出てないやん」

という「カドリング」の存在を根底から覆すような疑問にぶち当たっている。

 

って、昨夜考え出して寝れなくなったあほな話をしていたら、

「くだらな過ぎて気分悪なった」

と言い捨てて、嫁さんはどこかへ行ってしまった。