お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

車掌さん

f:id:kaseken:20200114110358j:plain


僕は電車の最後尾に乗るのが好きだ。

横須賀線の最後尾には手すりのようなものが付いていて、座ると少しけつが痛いけど、それに腰掛けて本を読むとちょうどいい。

今日もそこで本を読んでいたら、

「扉閉まりまーす。駆け込み乗車はおやめください」

と、車内から聞こえたような気がした。

おかしいなと思ったけど、最後尾だけに車掌さんの声が聞こえやすいんんだろうと、また本を読みだした。

「次は戸塚、戸塚。藤沢、平塚方面はこちらでお乗り換えです」

と、やっぱり車内から聞こえたような気がして本から顔を上げると、ドアの側に立っていた中学生ぐらいの男の子と目があった。

その子は僕を見ながら

「間も無く戸塚に到着いたします。お忘れ物のないようお降り下さい。」

と言った。

僕は目があったままで気まずかったので、

「上手やなぁ」とその子に言った。

その子は表情一つ変えずにまだこっちを見てたけど、しばらくすると戸塚駅で降り、

何でか立ち去らずに駅のホームに立っていた。

戸塚駅東海道線からの乗り換え客が横須賀線に乗り移ると、駅の発車メロディーが流れた。

横須賀線、逗子行きの電車、間もなく発車致します。お近くの扉からご乗車ください。扉が閉まりまーす。」

とその子が言うと扉が閉まった。

ホームから電車が走り出した。

電車からその子が見えなくなるまで、

ずっと目があったままだった。