お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

スイッチヒッター

f:id:kaseken:20200406181656j:plain
僕の母は、「スイッチヒッター」だった。

高校生の時、ソフトボール部で国体に出たこともあった。

「わて、足早かったから、高校のソフト(ボール)の監督が、「加瀬は足早いから左打ちに変えろ」言われてな、ほんで左打ちの練習して、左やと一塁まで一歩近いやろ、それで一番バッターや、すぐ塁でたんねん、うちの高校の3番4番が上手でな、バーンて打つやろ、わて一塁からサーっ走って、ホームまでバーと帰ってきて、直ぐ一点や、おもろかったわ。でも今は、リュウマチなってもてほんまあかんわー、これも父ちゃんがな、」

と、母の青春時代の思い出は、いつも持病のリュウマチの話を経由して、最後は父の文句になって話が終わっていた。