お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

夏の御堂筋線

f:id:kaseken:20200823220114j:plain

26歳の夏。

あの夏も今年みたいに、驚くほど雨が降らない夏だった。

その時の僕は、イギリス留学を思い立ち、費用を稼ぐ為に東京のアパートを引き払い、地元大阪でテキ屋をしていた。

 

初日、御堂筋の道端に一人、

作ってきたTシャツを道に広げた風呂敷に並べ終わった時には既に、なんでこんなこと始めてもうたんやろうかと、深く後悔していた。

売り出してから、何時間も誰も見向きもしなかった。する事がないので、自分の人生はどこで狂いはじめたのかと回想してたら、目の前に、自転車に乗ったおっちゃんが止まった。

どう見てもTシャツを買いそうにない。

「なんや、にいちゃんTシャツ売ってんの?」

と言って、明らかに似合いそうにないデザインのTシャツを、自転車から降りずに手を伸ばして一枚掴むと、

「買うたるわ」

と驚く僕にお金を渡し、

「がんばりや」と言って、

大阪の夏の熱風の中、おっちゃんは颯爽と難波方面に走り去った。

 

今思えば、あれがそれからバカほど売れる事になる最初の1枚目だった。

僕はそれから、毎日のように警察に補導されたり、ケイゾー君と言う人が現れて手伝ってくれたり、本物のテキ屋の人に脅されてショバ代を払ったり、女の子二人組が昼間は売ってくれるようになったり、調子乗ってテキ屋を三店舗に増やしたり、東京から友人高木さんが新しいデザインを送ってくれたり、朝、儲かったお金を布団になれべて寝るのが、唯一の楽しみだったりして、気がつくと夏の間だけで、目標金額の倍以上稼いで、その後すぐにイギリスに行くことになる。

 

と、今日家でこの話になったら

「その行動力は無くなったの?」

と嫁さんに言われた。

もう無いと思う。

 

そのあと、難波方面に走って行った自転車のおっちゃんは、また僕のところにやってきて、

「これ食べや」

吉野家の牛丼をくれた。

おっちゃんは、梅田方面に走っていった。