お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

帰りたい

f:id:kaseken:20201027154127j:plain


朝の散歩に三男が、兄のローラーブレードを片足だけ履いて行くと言って聞かない。

片足だけ履いて歩き出すと、

案の定、アイススケートを初めてする人みたいに、

へっぴりごしで壁を伝って、ひょこひょこ歩いている。

遅い。全然進まない。

お婆さんに抜かれた。

犬の散歩には、速攻で抜かれた。

 

「いつもの道もきみの歩みに合わせて、ゆっくり歩けたおかげで、今まで気づかなかったものに出会えた。ありがとう息子ちゃん」

とか全然ない。

家のすぐ前の道なんて、

今更見るものは何もない。

ここをこんなにみっちり歩きたくない。

 

三男が自分でしゃがむとこけるので、

落ちているどんぐりを拾えという。

拾って渡すと大事そうにポケットに入れる。

 

日傘をさした人を見て、

「雨ふってないのにねー」

と嬉しそうに耳打ちしてくる。

 

少しするとポケットのどんぐりが無いと騒ぎ出す。

探しにいこうと言われる。

へっぴりごしで来た道を戻る。

三男は途中、道端の花に気を取られて、

どんぐりのことを全く忘れてる。

帰りたい。