お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

ユースホステル

f:id:kaseken:20190806084013j:plain

この前、出張があったので写真でも撮ろうかと思い、出張先に1日早く行く事にした。

 

宿を探していたら、ちょうどインターハイをやっているらしく、宿の値段が高くて、まいったなと思っていたところ

ユースホステル 2721円」

というのが出てきた。

最近、「ゲストハウス」はよく聞くが、

ユースホステル」は滅多に聞かない。

今更、若人とキャンプファイアーはきついけど、もし1人部屋があるなら(ドミトリーでは寝れない、カメラ機材もあるし)寝るだけだし、遊びで行くんだから安いに越したことはない、と思いユースホステルに電話してみたところ、この時期は空いているから1人部屋を用意できるらしい。

「晩御飯 730円 朝ごはん 524円」

ということだったのでそちらも付けてもらう。

当日の夕方、ユースホステルに行ってみると、先に風呂に入るように言われる。

カビ臭い脱衣所で着替えてる時から嫌な予感がしたが、すぐにその予感は的中した。

暗い風呂場の床は黒く汚れ、風呂の両縁には、なぜか赤と緑のコーンが立っている。

入るなという事か?と恐る恐る近ずいてみると、

風呂には何やら油の様なものがいっぱい浮いている。僕は風呂に入るのを諦め、出の悪いシャワーで頭を洗いながら、

「これはご飯もやばいに決まっている、頼むんじゃなかったな」と後悔していた。

 

食堂に行くと、「えらい早いですね」と40代ぐらいの男性従業員に驚かれた。

僕は「どうやってあそこで長風呂すんねん」と思ったが、黙って晩御飯を待つことにした。

 

「足りるかな?」と男性従業員が持ってきてくれた晩御飯を見て驚いた。

大きなとんかつ、マグロの刺身、サラダ、小鉢2つ、味噌汁、ご飯

これが730円かと思う様な豪華さで、味も悪くないし、量も足りすぎてる。

 

食後、部屋に戻ろうとすると男性従業員が、

はんだくん」という漫画の単行本を5冊、

「部屋で読んでください。けっこう面白いですよ」

と僕に持たせてくれた。

 

滞在中、僕はこのユースホステルで他の客に一度も会わなかったし、キャンプファイアーの火も見なかった。また来たいか?と聞かれたら、またきても良いような気もするし、やっぱり来ないような気もするけど、来年の3月には無くなるので多分これないと思う。