お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

仁義なき新幹線

f:id:kaseken:20191125171220j:image

今日から大阪。

品川から新幹線に乗る。

名古屋を超えた頃、トイレに行くと満員。

ではなかった。1つ空いていた。

が、その前にパンチパーマに剃り込みが入った男が立っている。

その男は、こっちに気がつくとキッと睨んできた。

怖い。

「そこのトイレ空いてるんやさかい、ちょっとどいてもろてもよろしいか?」

なんて言う勇気はないし、それは勇気じゃなくて、無謀と呼ばれるもの。

ちょっとすると、中から派手なスーツを着た親分と思しき男が出てきた。

パンチの男は、白くて大きなハンカチを渡し、

二人はグリーン車両に消えていった。

 

「ヤクが効いとるせいで怖かあらへんけど、これから何年くさい飯食わないかんのかいの。」

ジャケットの下で握りっぱなしのチャカは、

汗でじーとり湿っとる。

グリーン車の自動ドアがえー音出して開っきょった。

奥のシートにさっきの2人とあと2人の計4人。

何とかなるか。

「この度は、うちの若いもんがえらいお世話になりましたそうで、組長はん。」

「なんやワレ!加瀬組奴か」

「広島にヤクザは二つもいりゃせんのじゃ」

カバチタレとったら承知せんぞわれ!」

パン  パン パーン!!

 

この新幹線、終点は広島。