お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

ぬるい

f:id:kaseken:20201119213226j:plain

夕方、喫茶店で翌日締め切りの東京新聞の原稿を書く。

横のカップルが、入ってきてから一言も喋らない。

気になる。

うるさいよりも気になる。

とうとう喋らないまま帰っていった。

まあまあうまいこと書けた。

5時に喫茶店を出る。

外に出ると風がぬるい。

もう夜やなと思う。

自転車漕ぎながら、

「この感じ、なんか思い出すなぁ」

と思ったけど、

「そう、あの夜も確かこんなぬるい風が吹いていた」

とか、思い当たる特別な話もなく、

ただ、そんな気がしただけ。