お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

四天王寺の亀

f:id:kaseken:20210913095422j:plain

大阪の展示の設営に大阪の友達のとくさんと

リトルモアのFさんが手伝いに来てくれた。

 

お昼。下のカフェでごはんを食べる。

大阪のとくさんと東京のFさん。

僕の中で一緒の空間に存在するはずのない2人と

天王寺のよく知らない場所でキーマカレーを食べている。

半分外に出たテーブル席に当たる太陽が暑かったが、

とくさんは一向に気にしない。

ふたりが当たり前のように話しているのを見ていると、

これは夢なんじゃないかと思えてきた。

この展示も本の中の家族も夢の中の話のように思えた。

お彼岸で四天王寺にぞろぞろと向かう人の顔をよく見てみると、

みんな、うちのおじいちゃんとおばんちゃんで、

「けんちゃんいこか?」と言って僕の手を引き、

四天王寺の亀でぎゅうぎゅうになった池まで連れて行ってくれた。