お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

ロマンスグレー達筆

f:id:kaseken:20190809235336j:plain


今年は暑いなと思う。

去年も確か暑かった。

その前も暑かったやろうし、その前の年もやっぱり暑かったに違いない。

 

これは去年の暑かった時の話。

ロケで何日も暑い中写真を撮る仕事が続いた。

初日、股間が痒いなと思っていた。

(汚い話ですいません)

でも、2日目もやっぱり痒いなと思って、バレないようにボリボリかいていた。(すいません)

3日目になるとボリボリボリボリかいていた。(ほんますいません)

「これが世に言う『インキンタムシ』とかいうやつじゃないか?」

と思い4日目に皮膚科に行った。

 

先生が「はい、痒いところ出してください」と言った。

「こんな女性の看護師さんがいっぱいいるところで」と僕が躊躇していると、

先生はサッとカーテンを引いてミニ個室を作ってくれた。

「インキンじゃないよ、とりあえず薬出しとくから、また様子みせに来て」

と言われた。

 

皮膚科の前にある薬局に行く。

漢方薬も置いてるらしい店内には、大きな朝鮮人参の瓶詰めが何個もある。

ガラス張りの薬の並んでる部屋から、上品なロマンスグレーのおばあさんの薬剤師が出てきた。

「この陰部1のクリームを塗ってから、陰部2のクリームを塗ってくださいね」と丁寧に説明してくれたのはいいが、他にもお客さんがいたのでまいった。

 

家に帰って薬を塗っていると、

「陰部1」、「陰部2」と必要以上に達筆で書かれたラベルの貼ってあるクリームのケースを見た嫁さんが、「これって陰部って書く必要ある?」と言って爆笑していた。

 

その後、さっきの上品なおばあさんから電話があった。

何やら、薬手帳のシールを渡し忘れたらしい。