お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

写経

f:id:kaseken:20210106090837j:plain

長男が塾の冬季講習に行っている。

小四で燃え尽き症候群にならないかと

心配している。

 

小学校の時の友達の

あまり勉強のできる方じゃなかったじゅんやくんが、

6年生になったぐらいの時、

親は何を夢見たか、近所の英語塾に通わせだした。

 

その英語塾は、一単語暗記するのに、

100回も書かせるようなきびしい塾で、

じゅんやくんが、急に遊んでくれなくなったので、

僕は仕方なく、写経の様に勉強をしているのを

よく横から眺めていた。

 

そんなある日。

じゅんやくんに変化があった。

後頭部に円形脱毛症が出来てきたのだ。

最初毛が薄いなぐらいだったそれは、

やがて1円玉ぐらいになり、

気がつくと500円玉大に成長していた。

他にも小さいのが2つ出来て、

計511円ほど後頭部に貯金していた計算になる。

流石にかわいそうに思ったのか、

親が塾をやめさせると、

驚いたことにじゅんやくんの頭の貯金は、

みるみるうちに目減りしていった。

が、英語の成績も目減りしていった。

 

それから何十年ぶりか、偶然にじゅんやくんに会った。

子どもを2人連れて市民プールに行く途中らしい。

時の流れに驚いた。

じゅんやくんの頭はすっかり禿げ上がっていた。

僕は努めて、目線が頭にいかない様にしていたが、

「こいつ貯めこみやがったな」と思ってた。