お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

ここは外国

f:id:kaseken:20191001081800j:plain

マラウイに行く為のビザを取りに、目黒にあるマラウイ大使館に行く。大使館は、ドミノピザが一階にあるビルの7階。「ワンフロアか」と思ったが、エチオピア大使館も下の階にあって、そちらもワンフロア。ピザorビザのビル。

ピンポン押して入ると、「ハーワーユー?」と受付の女性が迎えてくれた。「大使館て英語か?」と当たり前のことに気づく。受け付けの人は、僕がビザを作りに来たのを知ると、申し訳なさそうに担当の人が今日はいないと言った。ここは外国である。既に日本の常識は通用しない。ので大人しく帰るしかない。

次の日。また大使館に来てみると、ビザ専門の女性の人がいた。一切笑顔がないが、ここは外国である。それに日本には作り笑顔が蔓延しているので、こっちの方が自然でもある。親切に色々教えてくれて、ビザのお金を払った。「スモールチェンジ?」とビザの人が聞いてきたが、小銭がなかった。「オーケー、私が払っとくわ」と言って10円払ってくれた。やっぱりここは外国である。

体操

f:id:kaseken:20190929090308j:plain


「豆腐の角で頭打って死んじまえ!」

言ってる人を見たことない有名な言い回しがあるけど、

今朝、「食パンを食べて歯が欠けた。」

もう少し硬いもんで欠けて欲しかった。

副鼻腔炎、謎の脇腹にピリピリ、食パンで歯欠ける。

ここんところの病気の応酬にとどめを刺され、落ち込んでいると、嫁さんが「そういう時期やねんって、ほら車も自転車も壊れたやん?」と慰めてくれたけど、それと一緒にするか。

 耳鼻科で順番を待っていると受付の人が、「なかもとこうじさん」と呼んだので、「なかもとこうじさん」の方を覗き見ると、この「なかもとこうじさん」も何となく体操が出来そうに見えた。

パンクロックが好きだ2

f:id:kaseken:20190922082255j:plainそれからも僕とN君は、先輩の家に通った。

ビビリの僕は、なぜか正座でベースを習っていた。その様子は、全然ロックではなく、お師匠さんに三味線を習ってるようだった。

先輩に粗方一通り教わってからは、放課後どちらかの家に集まって練習していた。でも、親には内緒でロックしていたので、エレキなのにアンプに繋がず練習をしていたが、テープに合わせてシャカシャカという音を出しているだけでも、それなりに楽しかった。

もうその頃になると、僕たちは、当初のThe アルフィーコピーバンドをするという計画をすっかり忘れて、しっかりブルーハーツしていた。

いいかげんテープに合わせるのにも飽きたので、交代で歌いながら演奏し始めたが、人前で歌うのが恥ずかしかった(Nしかいないが)。特にラブソングは、お互いにまだ女の子とキスしたこともないチェリーボーイズだったので、自動的に声のボリュームが小さくなった。

そんな感じで始まった僕たちのバンド活動だったけど、パンクロックすればするほど、「どうも自分達には、社会や大人や他の何に対しても、特に言うべき不満も主張もない」という自分たちの平凡さに気づきだした。それはパンクロックにおいて、根本的な致命的欠陥に違いない、とその時は思っていた。こんな僕らが、パンクロックしてていいのかなと後ろめたい気持ちを抱きながら、シャカシャカとギターを鳴らしては、恥ずかしそうに歌っていた。

 

つづく

 

新しい毎日を

f:id:kaseken:20190927124230j:image昨日から副鼻腔炎ではなく、脇腹をピリピリと激痛が一定間隔でおそってくる。僕が、悶絶していると子どもが、「パパ、うんちじゃない?」と聞いてくる。腹痛の殆どがうんちに関係している元気な内臓の君たちと違って、こちらの内臓は築45年。そんなに単純ではない。昨晩はなかなか眠れず、今朝、近くにあるペインクリニックと謳う病院に行った。先生が、坊主頭にビーチサンダル、前衛ジャズピアニストみたいにパソコンのキーボードを叩いていた。この人に、僕の痛みを任せていいのか?不安しかない。帰りのバス、前に座ってたおじいさんの持つビニール袋の中に、フライパンと野菜と肉が入ってた。一人暮らしを始めたワンルームに帰るようには見えないが、新しい毎日を感じる。

うるさい人

f:id:kaseken:20190925222307j:image

なんか頭痛いなと思ってたら、副鼻腔炎になってた。三ヶ月薬を飲み続けなくてはならないらしい。

ショックで、きのうからの僕は大人しいらしく、「静かな人と結婚してたらこんな感じかな」と嫁さんが言った。

パンクロックが好きだ

f:id:kaseken:20190918211938j:plain


中学一年の時、アル中(THE アルフィーの中毒)のN君とバンドを組もうということになった。バンドの名前は「THE ナイフィー」という事で落ち着いていた。お年玉を持って難波の楽器屋に行き、N君はギターで、僕はベースを買った。

買ったはいいが、教則本だけではどう弾いていいかわからず、いつの間にか楽器は押入れの中で眠っていた。

そんなある日、N君の近所に住んでる高校生の先輩が、楽器の弾き方を教えてくれるということで、二人でその先輩の家に行くことになった。

その先輩の部屋の入り口には、「メンズニコルクラブ」の敷物が敷いてあって、部屋の中はタバコの煙でもくもくだった。僕はそれだけで完全にビビったが、驚いたことにセーラー服を着た先輩の工藤静香似の彼女がいて(多分似てなかったけど)、プカプカとタバコを吸っているだけでエロく感じた。

「これがロックなんだろう」と僕は思った。

「お前ら、簡単やからこっから始めたらええんちゃう?」と先輩から渡されたのは、ブルーハーツの楽譜だった。

この状況で、「僕たちThe アルフィーがしたいんです。」って言うのが、的外れな発言やということが分かるぐらいには、僕たちは大人だった。

 

続く

ようこそ

f:id:kaseken:20190913132641j:plain


竹内まりやさんの歌、「もう一度」の歌い出しが、

「夜ごとー」って始まるけど、

今朝、僕が「ようこそー」と間違えて歌ってたら、

「夜ごとー」

だよって嫁さんに指摘されたけど、

あまりに嬉しそうに言ってきたので

無視した。