お父さん営業?日記

営業に行けないナイーブな中年のおじさんがブログの力を借りて営業に行こうと日々奮闘する?

キッズ・リターン

f:id:kaseken:20200223221540j:plain

高校の時の友達O君と20年ぶりに会った。

高校の時、僕は学校に一人しか友達がいなかったが、O君も僕しか友達がいなかった。

たまに、クラスメイトが食堂の同じテーブルで食べててもO君が、「一緒に飯食ってるけど、お前友達ちゃうで」と、意味のない冗談を言い続けたおかげで、他に友達が出来なかった。

当時、「たけしの元気が出るテレビ」のダンス甲子園が流行って、僕の周りでも「ダンパ」と呼ばれるものが開催されている様だった。クラスの調子乗りの子から、「女の子めっちゃくるで」と唆され、2500円も払ってパー券を購入したそのダンパは、なんでか昼の12時から心斎橋にあった「マハラジャ」というディスコで開かれた。確かに女の子はいっぱい来ていたが、男子校で揉まれた過ぎた僕とO君は、女の子に話しかける方法も、会話を続ける自信もなかった。おまけにLLブラザーズがやっていたようなステップの1つも知らず、四角いビロードのソファーから一度も腰を上げる事なく店を出た。店を出た僕らは、極度の緊張からの解放と、何もできなかった事で逆にテンションが変に上がり、なんでか成人映画を見に行くことにした。ドキドキしながら窓口で、「学生2枚」と言った僕らに、「あんたら何歳や?」とモギリのおばちゃんは言ったきり、「専門学校生です」と言ってみても、2度と僕らと目を合わさなかった。結構な無視されたにも懲りず、次はNGKの前にあった500円の成人映画館にトライして、今度は拍子抜けするほどあっさり入れた。二人笑いを堪えて成人映画を見出したけど、10分もしないうちに雰囲気に飲まれ、気分が悪くなってに外に出た。映画館を出た僕らは、難波のどこで何したらいいのか全く分からず、逃げるようにして高島屋百貨店の屋上に行った。高島屋の屋上は閑散としていて、ペットショップを少し覗くとすることがなくなった。飲み物を買ってベンチに座ったら、今日の事をお互い相手のせいにして口論になり、そのまま口も聞かずにO君と別れ、難波から南海電車に乗った。家の近くの駅に着いたらまだ16時過ぎで、今日のことで落ち込んだ風にしようにもまだ太陽が高かすぎて、どう振る舞っていいか迷った。